最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージ

話題の風俗マッサージは店舗型で営業をしていることが多かったですが、最近ではデリヘル形式が多くなっています。
一般的なデリヘルのように自宅やホテルに呼ぶことが出来ますので、いつでも快楽を味わえます。 タイ古式マッサージで働く女性は風俗嬢という名称は使われなく、エステシャンと呼ばれることが一般的となります。
慣れたエステシャンを指名することで、カラダ全身の疲れを癒すことができ、さらに射精により大変満足されることでしょう。

 

いつも着ているような私服や白衣のようなコスチュームがタイ古式マッサージでは一般的ですが、お店によっては男性のエロ心をくすぐる過激なコスチュームを用意しているケースもあります。
デリヘルタイプでしたら、トップレスや全裸でのマッサージも可能なケースもあります。
全裸になってオイルなどを使用するケースの多いタイ古式マッサージでは、施術前と施術後にはシャワーを使用することとなります。
法律の問題もあり店舗型で運営することが難しくなり、タイ古式マッサージもデリヘルと同じように派遣型で営業をするケースが多くなってきています。





大阪 風俗の優良サイト
URL:http://www.asoviva.jp/osaka_fu/
大阪 風俗へ


最高の技術を持ったエステシャンによるタイ古式マッサージブログ:14 9 17

お父さんはわたしを厳しく育てました。
小学生の時、少年野球をしていましたが
毎日、スパルタで特訓を受けていました。

それはもう練習というよりは修行の様で
家の中で夕方遅くまで特訓の日々が続きました。

お父さんが投げた新聞紙で作ったボールを
連続でバットの芯に当てないと眠らせてもらえない…
お父さんの投げたゴロを100球連続で捕らないと眠らせてもらえないのです。

1球でもはずせば、また一からやり直し。
最後まで気が抜けず、はずすと怒られました。
当時のわたしは
「完璧でないお前はダメだ」と言われているように感じていました。

そんなお父さんは早くに父母を亡くし、
親戚の家を転々として幼少期を過ごしてきました。

厳しい中で頑張ってきたのだと思いますし、
心のどこかで「完璧じゃないと自分は見捨てられる」
そんな思いもあったのかもしれません。

楽しんで始めた野球でしたが
プライドはズタズタにされ、野球を楽しむということも忘れてしまいましたし
20歳を過ぎるまでわたしはお父さんのことを
どこか恨んでいたと思います。

だから物心ついた頃には年上の男性、
いわゆる上司という存在は
いつもわたしのことを厳しくジャッジする人というイメージがついていました。

全員と言うわけではないのですがやはり上司の前では緊張し、
あまり本来の自分を表現できなかったと思います。

でも、本当はもっとお父さんに褒めてもらいたかったのです。
ファインプレーをしたときに
「良くやったな」と頭を撫でてほしかったのです。

しかし、お父さんは照れくさかったようです。
大人になってから、そのことに気付き始め、
その頃から、
「ただお父さんはわたしに冷たくしたわけでもないのかもしれない」 と
お父さんの気持ちを察してみるようになりました。